So-net無料ブログ作成

ニーサ口座の改正(平成27年1月14日閣議決定)

ニーサ口座の改正点をまとめました。

1. 非課税枠の拡大  

  年間100万円まででしたが   

  平成28年以降、120万円が限度額になります。

  来年からですね。[猫]





2. 子ども版ニーサの創設 

   0歳から19歳までの未成年の為のニーサ口座です。

   作るのは、親や祖父母で

   子どもや孫の名義で口座開設することができます。

   限度額は、年間80万円です。

   この資金は進学などの費用につかえるように[手(チョキ)]

   高校3年生(18歳になる学年)の1月以降引出しが

   できるようになります。




   そして口座名義人が20歳になると、

   普通のニーサ口座へ移管されます。[ひらめき]



その他

   ニーサ口座開設には、
   
   住民票の写しを提出して、税務署での審査があり開設までに、

   ひとつきくらいかかりますが

   この手続の煩雑さが、軽くなるようです。

   マイナンバー制度を用いることで

   口座開設が簡素化されるようです。



   ただ2018年以降とか・・・[ぴかぴか(新しい)]


   【マイナンバー制度とは今年の10月から通知される

   個人を識別するための番号です。】






「ニーサの限度額が100万円から増えるかも・・・」


という話は結構聞いていましたが、


子どもニーサについては、「えっ!?」という感じでした。



なんでもイギリスの「ジュニアISA」をモデルとしているようです。



ニーサ口座も



いろいろ変わって来ますね。



ついていけるか心配です。



政府としては



たくさんの人に投資を広めて入るんでしょうね



しかし、これ自己責任ですから




「ちょっと怖いような・・・」といいながら



素人主婦もちょこ ちょこやっています[わーい(嬉しい顔)]



老後資金をためるために・・・[どんっ(衝撃)]



[ふらふら]



スポンサードリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。